スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信奈の野望 4 (GA文庫)

織田信奈の野望 4 (GA文庫)
春日 みかげ
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 106

あらすじ
突然、戦国時代に飛び込んでしまった高校生の相良良晴。
史実とは微妙に違うその世界で、姫大名の織田信奈に仕官した良晴は、戦国ゲームで得た知識を駆使して内政や軍事で頭角をあらわしていく。
多くの合戦を経て、上洛にも成功して勢いに乗る織田家―。
だが、越前の朝倉義景を攻めに出陣した織田信奈とその軍勢は、同盟関係にあつたはずの浅井家の裏切りにより窮地に立たされる。
この大ピンチに際して、自らしんがりに名乗りを上げた良晴には過酷な運命が待ち受ける。
そして、逃走する信奈にも魔の手が!?天下布武ラブコメディ第四弾、堂々の登場。

感想
ついにでた4巻。
前巻の凶悪な引きからもう発売を心待ちにしていました。

そしてしょっぱなから飛ばしまくり。

“三弾打ち”を駆使してみんなで帰ろうと撤退戦をこなす良晴

銃でうたれ、生死の境をさまよう信奈

良晴たちを救おうと近江へ向かう光秀たち

もう見どころが多すぎる。

しょっぱなからピンチの連続だが、絶対みんな無事に帰ろうとする良晴は甘いかもしれないけど、もうカッコイイよ。

今回は今まで一番死にそうになった良晴だけど、その良晴を救おうとがんばる光秀がまたかわいい。
今回のヒロインは間違いなく光秀だと思います。

今までもとの世界のことについて自身の思いを語ったことのなかった良晴がうなされながら吐露する。
今まで弱音をはいたことのない良晴の弱い部分を初めて見た光秀。
その良晴をつつみこむ光秀。

この巻では、名シーンは数あれどこのシーンが一番印象深かったです。
このときの光秀のやさしさ、かわいさっていったらもうないね。
かわいすぎる。
最後の勘違いとかもかわいいし、株上がりまくりました。

信奈も、弾正の薬によって、一度は現実をあきらめかけたけど、良晴の帰還により自分を取り戻したところとかよかったです。
自分を取り戻してからはもうあっというまにいろいろ解決させてみせたし、かっこいいね。
まぁ結局恩賞の件でドタバタている姿が好きだったりしますが。


今回の巻は、本当見どころが多くて面白かった。

そしていよいよ“甲斐の虎”武田登場。
もう次巻が楽しみすぎる。
早く出てくれーーー。





↓応援お願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

koiaki

Author:koiaki
主に漫画(コミック)の感想を多少ネタバレありで書いています。
どうぞよろしくお願いします。

漫画ならなんでも読みます。
でもあまり絵が好きじゃないのは手を出してない傾向あるかも?

趣味はカラオケと言っていいか?
DAMで歌うのが大好きです。というかDAM以外では歌ったことないかも。
もしかしたらランキングバトルで僕のを見たことあるかもしれません。

相互リンク大歓迎です。
コメント、感想などもらえると狂喜乱舞します。

おすすめのマンガ、ゲーム、ラノベなどあればぜひ教えて下さい。

https://twitter.com/tiko4949

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング参加中
クリックお願いします。
モチベーション上がります。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ人気ブログランキングへ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
大好きな漫画
惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)
最高に熱いマンガ。
これ以上に熱くなり、笑い、泣いた漫画は少ない。
最高傑作の一つ。
アライブ 最終進化的少年(21) <完> (月刊マガジンコミックス)
絵のきれいさはNo.1じゃね?
戦闘・物語・キャラ全て秀逸。
大好きなラノベ
“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
ファミ通代表。
最高に切なくなる。
感涙必至。
空ノ鐘の響く惑星で〈12〉 (電撃文庫)
電撃代表。
今完結しているものでは一番おもしろかったかも。
王道ファンタジー。
Amazonお買い得
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。