スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖狐×僕SS (4)


妖狐×僕SS(4) (ガンガンコミックスJOKER)
藤原 ここあ
スクウェア・エニックス (2011-02-22)

あらすじ
最高級マンション「メゾン・ド・章樫」。そこは妖怪の先祖返り達が集う妖しい館だった―――。

凜々蝶、双熾、死亡。
衝撃に次ぐ衝撃の展開…! 長い長い時間の物語が今、動き始める…!!

感想
『dear』などで有名な藤原ここあさんの作品。

『dear』も好きでしたが、あのころよりさらにかわいい絵なこの漫画。もう大好きです。
とにかく出てくる女の子がみんなかわいい!!!特にメインヒロインである凜々蝶はもう最高にかわいすぎるっ!
天然黒な双熾に攻められて赤面する凜々蝶を見るのが何よりの楽しみです。
しかもこの凜々蝶さん、寝るときのカッコが裸Yシャツですよ?最高すぎでしょう。

もちろん他のメンツも個性派ぞろい。
個人的に好きなのは、メニアックが少し共感できてしまう雪小路野ばらと、食べてる姿がかわいい髏々宮カルタ、あとは渡狸卍里も変身後の姿が大好きです。

そんな個性豊かなメンバーの日常が主な内容。
テンポよく進むのですんなり読めていいですね。どれも面白いし。
そしてところどころで入るシリアスパートもいいアクセントになっててGood!


そんな感じで急展開を告げるこの4巻。
3巻の引きからどんな展開になるんだとドキドキしていたら、本当びっくりな展開でした。

最初は、野ばらと反ノ塚に焦点を当てたちょっといい話。野ばらのストライクゾーンの広さには脱帽です。
後悔とともに歩む人生。うまく付き合っていきたいものです。
ちょっとジーンとくる話でした。

そしていつもの小ネタを挟み、「サトリ」の先祖返りであり、先祖返りの家の中でも1番の権力を持っている悟々原思紋の登場。
どんな人かと思いきや、何かいい人そうなおばあさんでした。
最後のモノローグを見る限り、何か重要なポジションっぽいです。『D.Gray-man』でいうブックマン的なポジションのように見えるけどどうなんでしょう?
これからの活躍が楽しみです。


中盤以降はもうシリアスまっしぐら。
カルタが同じ先祖返りに襲われて人間の姿に戻れなくされてしまう。
渡狸のカルタへの思い、総力戦っぽい戦いといいめまぐるしく物語が動いていきます。
そして衝撃の出来事が……!!?


双熾の首が吹っ飛んだ!!????
マジで何事かと思いましたよ。このときに手紙の一節が書かれてますが、何だこのクライマックス的な感じは…。
ちょっと涙がでてきました……。

再び物語は最初に戻る――。ただし、少し違う世界っぽい。
第一章『prologue』終了。
これからが本番だそうです。長い長い時間のお話。
このループしている感じは何なのか?これからどう展開していくのかめっちゃ楽しみです。




↓よければクリックお願いします!!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

koiaki

Author:koiaki
主に漫画(コミック)の感想を多少ネタバレありで書いています。
どうぞよろしくお願いします。

漫画ならなんでも読みます。
でもあまり絵が好きじゃないのは手を出してない傾向あるかも?

趣味はカラオケと言っていいか?
DAMで歌うのが大好きです。というかDAM以外では歌ったことないかも。
もしかしたらランキングバトルで僕のを見たことあるかもしれません。

相互リンク大歓迎です。
コメント、感想などもらえると狂喜乱舞します。

おすすめのマンガ、ゲーム、ラノベなどあればぜひ教えて下さい。

https://twitter.com/tiko4949

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング参加中
クリックお願いします。
モチベーション上がります。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ人気ブログランキングへ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
大好きな漫画
惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)
最高に熱いマンガ。
これ以上に熱くなり、笑い、泣いた漫画は少ない。
最高傑作の一つ。
アライブ 最終進化的少年(21) <完> (月刊マガジンコミックス)
絵のきれいさはNo.1じゃね?
戦闘・物語・キャラ全て秀逸。
大好きなラノベ
“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
ファミ通代表。
最高に切なくなる。
感涙必至。
空ノ鐘の響く惑星で〈12〉 (電撃文庫)
電撃代表。
今完結しているものでは一番おもしろかったかも。
王道ファンタジー。
Amazonお買い得
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。