スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいようのいえ (2)



あらすじ
子供の頃、むかいの基(ひろ)の家に入りびたっていた真魚(まお)。その家に行くと必ず元気になれたから。
数年後…父の再婚で家に居場所がなくなった真魚は、両親を亡くして以来、独りで家を守る基の家に住まわせてもらうことになったけれど…!?
年の差幼なじみ2人の明るく切ないラブストーリー!!

「冗談だから。」ぎくしゃくする基を見て、真魚は告白を取り消す。基を困らせたくないけど、好きな気持ちはあふれてくる。
そんなとき、真魚の小説の読者「ラジカル」さんと会うことに。待ち合わせに現れたのは…!?
さらに、基の弟・大樹が帰ってきて!!?

感想
人物相関図を最初に書いてくれてるのが何か良かった。
人物紹介はよくあるけど、相関図を書いてるのはあまり見たことないです。。
相関図見てみたいマンガはちょこちょこあります。
他のもしてくれたりしないかな…

同居することになった系のマンガ。
こういう同居話は大好き。良し悪しはけっこうあるけど。。
でも、このマンガは当たりでした。
登場人物はそんなに多くないけど、全然問題ないですね。
むしろ多いと微妙になりそうなんでこのままいってほしいところ。
まぁ家族である大樹と陽菜はもちろん今後も出てきてほしいですけど。
大きくなった陽菜がはやく見てみたいです。

「家族」に憧れる真魚がすごいかわいい。
基にしてもけっこう重い家庭環境ですが、だからこそ「家族」ということを意識してるのがすごく伝わってきました。
もっと家族を大事にしたほうがいいなと思わされる作品ですね。

でも重い感じをあまり感じさせない雰囲気もいいと思います。
絵のおかげですね。
淡い感じが気に入ってます。
心情も丁寧に描かれていて感情移入しやすい。


んで今巻。
真魚が告白したとこから。
でも冗談で片付けちゃった。。
まぁあの雰囲気にはちょっと…つい冗談と言ってしまったのもわかりますね。

その後気持ちを隠そうとするけど、風邪引いちゃう。
基に看病されてのモノローグが…もうかわいすぎる。
「嫌い」……「やっぱり好きだ」の流れがかわいすぎでした。


そしてこの巻のビッグイベントの一つのラジカルさんとの会合。
最初は基がラジカルかなぁと思ってたんですけどね。ラジカルっていう名前といい。
でも杉本さんでしたか。。
しかも杉本さん腐女子とか……まぁいいんですけどね。
4コマで著者が書いてたように注釈のつける場所が面白すぎるww
確かにそこっ!?ってツッコミたくなるのもわかります。

にしても杉本さんもかわいいですね。
真魚に基のこと好きだとバレたときのかわいさといったら。。
こっちも応援したくなっちゃいます。


もう一つのビッグイベント。大樹の一時帰宅。
不器用な感じでふれ合う三人にこちらまでハラハラしました。
でも少し分かりあえてよかった。


次巻では学校での三角関係?っぽい三人の動きや、会社で杉本さんも動き出すみたいだし、めっちゃ楽しみです。
でも来年5月……遠いなぁ。。




↓応援お願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

koiaki

Author:koiaki
主に漫画(コミック)の感想を多少ネタバレありで書いています。
どうぞよろしくお願いします。

漫画ならなんでも読みます。
でもあまり絵が好きじゃないのは手を出してない傾向あるかも?

趣味はカラオケと言っていいか?
DAMで歌うのが大好きです。というかDAM以外では歌ったことないかも。
もしかしたらランキングバトルで僕のを見たことあるかもしれません。

相互リンク大歓迎です。
コメント、感想などもらえると狂喜乱舞します。

おすすめのマンガ、ゲーム、ラノベなどあればぜひ教えて下さい。

https://twitter.com/tiko4949

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング参加中
クリックお願いします。
モチベーション上がります。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ人気ブログランキングへ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
大好きな漫画
惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)
最高に熱いマンガ。
これ以上に熱くなり、笑い、泣いた漫画は少ない。
最高傑作の一つ。
アライブ 最終進化的少年(21) <完> (月刊マガジンコミックス)
絵のきれいさはNo.1じゃね?
戦闘・物語・キャラ全て秀逸。
大好きなラノベ
“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
ファミ通代表。
最高に切なくなる。
感涙必至。
空ノ鐘の響く惑星で〈12〉 (電撃文庫)
電撃代表。
今完結しているものでは一番おもしろかったかも。
王道ファンタジー。
Amazonお買い得
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。